人生のホームグラウンドを増やす生き方

オピニオン

このメルマガは、群馬県の草津温泉で書いています。

1月平日なので雪も積もっていて、夜の気温は氷点下。
昨日は初めて、「氷点下で露天風呂に入る」ということをしました。

もともと、この前の週末に東京に出てくる用事があったのですが、
出発の前日に「どうせなら数日間、今後のことを考えるのにゆっくりしたいな~」
と思って、東京近辺の保養地を調べたら草津温泉が出てきたんですよね。

というわけで、そこまでバタバタしてるわけでもないので
数日間英気を養うためにやってきたのです。

ところで、このメルマガで以前話したことがあると思いますが、
僕は以前、群馬で仕事をさせてもらう機会がありました。

振り返ってみるともう4年半も前のことのようなので
時間の経過の速さに驚いているんですが、

僕はもともと群馬出身でもなんでもないんですが、
色々縁あって仕事をさせてもらうことができたわけです。

ので、今回は数年ぶりの訪問になるんですけれど
「戻ってきた」という感じがあるんですね。

草津温泉に来るのはもちろん初めてですが、
それでも「群馬県に戻ってきた」という風に考えることができるので、
宿泊初日から自分の中のエネルギーがグングン上がっているのを感じます。

いわば、僕にとって群馬という場所は
「ホームグラウンド」なわけです。

野球やサッカーが好きな人は知っていると思いますが、
自分の本拠地を「ホームグラウンド」と言って
敵地のことを「ビジター」とか「アウェー」と言います。

ホームグラウンドで戦うと、
当然ながらサポーターやファンの応援が後押ししてくれるので
普通はホームの方が、自分の力は発揮できるわけです。

逆に、アウェーだと応援は相手に対するものがほとんどなので、
最悪場の雰囲気に飲まれて負かされてしまうことがあります。

で、あなたにはこれから生きていくのに、
「ホームグラウンドを増やす」ことを意識してもらいたいのです。

今、ポーランドに一定期間生活をしていると、
ポーランドが「自分のホームグラウンド」になっているような
感覚を既に持っているかもしれません。

逆に、どうもこの国の生活は自分には合わない。。。
と思うこともあるかもしれません。

あるいは、これまで日本以外の国で生活したことがあれば、
その国があなたにとっての「ホームグラウンド」の場合だってあると思います。

僕の場合、これまたセミナーで話したように、
もともとポーランドには縁がなかった人間ですが、

会社を辞めた後で呼ばれて、そこから完全に
「帰る場所」になりました。

多分、これからもポーランドには何回も足を運ぶことになりますし、
また人生で悩むことがあったら、
ポーランドに行けばいいや、くらいに思っています。

ここでいう「ホームグラウンド」は、
「パワースポット」と言い換えてもいいのですが、
要するに「自分のエネルギーが高まる」場所なのです。

エネルギーが高まれば、考え方もポジティブになりますし
他の場所にいると思いつかなかったようなアイデアや見方を
得ることができるようにもなります。

逆に、アウェーな場所にいると
エネルギーが減ってしまう(吸い取られてしまう)ので
ネガティブか考え方しかできなくなったり、

何をやってもうまくいかない状態になってしまうのです。

大切なのは、
「自分のホームグラウンド」を一つでも多く知っておくことです。

これは別に、日本や海外の街じゃなくてもよくて
街の中のお気に入りのカフェとか、雑貨屋さんでもいいのです。

「ここに来たら自分のエネルギーは高まるんだ!」
ということを知っておくことですね。

そして、ホームグラウンドを知るために
色んなところに行って、色んなことに取り組んでみて下さい。

旅行で訪れた街がたまたまホームグラウンドになることもあるし、
そこで何にも変えがたい経験をする事で、一気にホームグラウンドになることだってあります。

もし、既に「ここは自分のホームグラウンドです」って場所があったら
僕にこっそり教えてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました