他人に流されずに生きられるようになるには?

この記事は2分で読めます

こんにちは、藪内です。

ここ数ヶ月で自分自身に変化があったことといえば、
「自己啓発系」音声などのコンテンツを
ほぼ聞かなくなったことです。

「自己啓発系」と言うとアレですが、
個人事業主で仕事をしていると、
意識的に勉強しないと情報すら入ってこないので、
自分が尊敬している起業家の音声を
YouTubeからダウンロードしたり、
購入して聞いたりしていました。

ただ、色々あってそれもやめてしまいました。

大きな理由の1つは、作っていた音声リストがほぼ消えてしまったからです。

データ自体は残っているので、
プレイリストを作ること自体はできるのですが、
それも面倒なので今のところ取り掛かっていません。

もう1つの理由としては、
「音声を聞くことに時間を使うなら、
他のアウトプットなどに時間を割いた方はいい」
と考えるからです。

いくらインプットをしても、
「いい話聞いたわ~」といい気持ちになって
終わりじゃ、人生一ミリも変わりません。

最近はインプット過多になり気味だったのと、
ある程度自分がすべきこと、
目指す方向が分かっているので、
このタイミングで取り組みを変えてみたわけです。

そして、「自分の進む方向」に関して言うと、
僕たちは得てして「偉い人」の意見に
無意識に従いがちです。

僕も、そう言う類の音声を聞いていると
「これからは〇〇の時代だ」なんてことが
よく言われているのですが、

色んなことに取り組んでみて改めて思うのは、
それは半分「ポジショントーク」だと言うことです。

例えば、「これからはコミュニティの時代だ」なんてよく言われます。

これは、いわゆるオンラインサロンとかの、
そう言う「コミュニティビジネス」に
限らない話なので、そこは誤解してはいけないのですが、

このオピニオンを聞き続けて行き着いた結論は、

「自分はコミュニティが苦手な人間だ」

ということでした。

というか、一定以上に人と関わるのが嫌なのです。

だから、「これからはコミュニティの時代だと
言うけれど自分には合ってないし、生きづらいなあ」
とはうっすら思っていたのですが、

実際に蓋を開けてみると、
特段困るわけでもありません。

なので、皮膚感覚として
「ああ、これって自分には大切なことじゃないんだ」
と思えるようになったのです。

そして、代わりにというか、
自分が集中すべきことに一層集中できるようになりました。

よく「他人(世間)に流されないように
するにはどうしたらいいですか?」
という悩みを受けますが、

端的な答えは

「できる限り情報をシャットアウトする」

ことです。

本来人間なんて弱い生きものだし、流されやすいのです。

だから、自分が何を大事にして
どう生きて生きたいのか、
ということも普通は考えません。

そして代わりに、
色んな人の言ってることをかいつまんで、
あっちにフラフラ、こっちにフラフラと、
行き当たりバッタリで行動してしまいます。

でも、これだと
「偉そうな人がそれっぽく言ってる」
ことを
「なんとなく」正しいものだと思って、
知らないうちにそれに従ってしまいます
(無意識的に影響は受けてしまうでしょう)。

その人と考えが違っていると、
「自分は間違っているのかも」と思ってしまうのです。

だから、一時的でもいいので、
情報を極力締め出して、自分で考える時間を持つべきです。

別に、そこで答えを出す必要はないし、
答えなんて普通は出ません。
が、「意識的に考える」ことで、
頭の片隅にはその時考えたことや
思考経路が残っているものなのです。

結局、流されないためには、
自分で考えて考えて、その上で行動してみるしかないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

2002年1月
    3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。